電動工具買取専門店 電動工具高く売れるドットコム » 買取品目一覧 » 電動工具 豆知識
店頭買取 宅配買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

電動工具 豆知識

◆交流電源の周波数50Hz(東日本)、60Hz(西日本)の違いの理由とは・・・
→明治時代に東日本では東京電灯が50Hz仕様のドイツ製発電機を、
西日本では大阪電灯が60Hz仕様のアメリカ製発電機を採用し、これらを中心に
東日本地区・西日本地区の周波数が統一されていったため。

60Hz供給会社は、中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力です。
50Hz供給会社は、北海道電力・東北電力・東京電力です。

ちなみに静岡・長野・新潟県では同じ県内でも周波数の違いがあります。
工具をご購入される際には、周波数に注意しましょう。

◆買ったばかりの電動工具に油がついている理由・・・
→電動工具の大敵といえばサビです。じつはこの天敵から工具を守り、動作を円滑にするために、油が塗布されているのです。
使用前、使用後に油をつけることで、快適な動きを維持することが大事です。

例えば、穴あけやネジ締めに使用するドリル・ドライバー類は、チャック部にサビが発生しやすいため、
この部分に使用前・使用後と油をつけることをお勧めします。

また、切る・削るなどの作業に使用するノコギリ・グラインダーなどは、刃の部分にサビが発生しやすいため、
この部分に油を塗布しておくと、切れ味が悪くなることを防げます。
中古品ご購入の際はサビの有無をご確認いただくといいかと思います。

◆ドライバーあれこれ・・・
→お酒をお飲みになる方ならもちろんご存知の「スクリュードライバー」
その名の由来ですが、昔、アメリカ人作業員が、ウォッカとオレンジジュースを混ぜてカクテルを
作る際に、マドラー代わりにドライバーを使用して作ったカクテルということで、
この名前となったそうです。

→マイナスドライバーはピッキング防止法の指定進入工具に指定されており、
仕事で使用する等の理由がない限り、隠して携帯すると処罰されます。

◆電動工具の電池について・・・
→電動工具の命ともいえる電池ですが、電池をもっともダメにするのが「つかわないこと」です。
つかわないうちに、電池内部の化学反応が鈍くなり電流を供給できなくなります。
また、過充電なども電池をだめにします。
大切だからといって、箱にしまって保管しておくのではなく、
2,3ヶ月に一度は空運転してから充電して保管するのがいいです。

中古品を買う場合は、おきっぱなしにしていなかったかの確認をするといいと思います。

◆格安電動工具ご購入の際の注意・・・
→電動工具にはもともと、素人向けの値段の安いものがあり、一般的にはホームセンター用と呼ばれている。
ホームセンター用は安い作りなので、度を越えて使いすぎると壊れやすい。
元値が安いので、時として半額以下で販売していることもある。

プロ用の電動工具の値段は、店によりまちまちと言うのが現状。
新タイプのものより、1つ前の旧型を買った方がお得な場合もある。

ただし、用途・目的によって選ぶのが一番よい。

◆評判のよい電動工具メーカーは・・・
→有名なところでは、MAKITA、日立工機、RYOBI、ナショナル、タジマツール、MAXなどがあります。
その中でも特に評判がよいのが、MAKITA、日立工機です。特にMAKITAは全国に販売店があり、
アフターケア等の対応がもっともよいとのことです。

タジマと言えば墨だし器、MAXと言えばコンプレッサーと言うように、それぞれの工具メーカーには特徴が
あります。種類・用途によりメーカーを選り分けるのが有効かと思います。

◆コンプレッサーとは・・・
→コンプレッサーは空気をためる電動工具です。工場用から現場用まで、様々なタイプのモノがあり、
エア工具を使用する際には欠かすことのできないモノです。
メーカーとしては、MAX、MAKITA、日立工機がいいようです。

最近は高圧タイプのコンプレッサが主流のようで、高圧タイプで低圧対応のものが、
最も好まれているようです。また、重量も軽量化されつつあります。

使用後には必ず、「水抜きをする」ことがコンプレッサ使用の際の再注意事項です。


買取価格を調べる
当店オススメの一括査定サービス
バイク 車 不動産 引越し